玉ねぎの辛味を抜くコツ

  • 2013/02/02(土) 16:25:39

生玉ねぎスライスを水にさらして辛味を取るヒントを教えて下さい。
生玉ねぎの辛味成分がヘタです。
レストラン等で出てくる、玉ねぎみじん切り入りのドレッシングや、生たまねぎスライスの入ったサラダはおいしくいただけます。

「名古屋メシ」徹底分析!
そのことで、家でも造ろうと、薄くスライスした生玉ねぎを水にさらし、2回ほど水を取り替え、1日おきました。
サラダに混ぜたところ、その玉ねぎの辛味が残っていて、食べたときはすこし辛いかな?と思ったのですけれども、
後で辛味刺激による頭痛に苦しみました。

辛味を抜くヒントがあれば教えて下さい。

水のなかで揉むとよいですよ。

そうしていると水が白くなってくるので白くなれば水を替えてまた揉む。
何回繰り返すと臭いも辛味もなく成りますよ。
一晩置かなくてもOK!

予算オーバーするようでは幹事失格

  • 2013/02/01(金) 13:09:43

わたしが勤務している会社では複数の班に分かれています、年末年始に飲み会や飲み会をグループ毎で内容を決めて実施されていますけれど、次期コーディネーターは各パーティー時に決めます、沢山の班はコーディネーターと会計の2人間を無作為に選出し決めますけれど、
沢山の事態何度コーディネーターの体験が有る人間と若手間との組み合わせで行ないますけれど、新しく新設された班員ではまったく体験が無い人同士のコーディネーターというような場所面があります、多少の意見はしているもののほぼすべてはコーディネーターと会計とでさまざまな飲食物や参加費等を決めます。

何年か前新規班の若手同士のコーディネーターけれど、飲み会でふぐ食事のプランで飲み会を行ないました参加者は参加者みんな出場で15人間で行ないました、皆さんも知っての通りふぐ食事のプランは順位で食事の内容がまったく異なる物もあるのはご存知ですか、後日聞いた所によると1番安いプランで食事を頼みドリンクもお店側からのイチ押しのお徳用の飲み放題をせず、途中に追加食事は別費用でOKにしていたようです。

また恐ろしい結末が起きました、プラン食事は1人一万円でドリンクや追加食事の代金を含めて25万円前後とコーディネーターは見積りもっていましたけれど、会計の合計は約50万円以上でしたあたりまえのということながら足りません、精算時会場所に残っていたのはコーディネーターほか数人間で持ち金全てを合わしてもまだ10万ぐらい足らず後日支払ったようです、飲み会のコーディネーターをしています時に足が出た事ありますか。


わたしも10年位連続でのコーディネーター体験もあり2人間でしたり1人間で行った事もあるのはご存知ですか、参加者も10−50人迄で参加費の合計が100万の時もありましたけれど、わたしの事態・安くて旨くて食べるボリュームもありドリンク飲み放題で行っていました、お土産も付ける事態もありました。。
参加費は個人負荷5000−7000円で会社から支給される銭 ・ 金5000円を足してそのなかでさまざまな組み合わせで行なっていました、精算後残った金は出場参加者で均等割りで返金していましたので、一度も足が出る事はありませんでしました。

どのような店舗でも予算を言っておけば達した時点で教えてくれますよ。
予算オーパブしているようではコーディネーター失格だからは??
逆に、飲み会で一人あたり3万強ってどのような高級な会社ですか?
そちらの方が気になるですねw